キングダムとラグビーに共通する今を肚に収める覚悟のはなし | イイノの業務日報 放送後記#22

Blog/

今日は22回目の放送でした。お聴きいただきました皆様ありがとうございました。メッセージも2通ご紹介させていただきました。送っていただきありがとうございました。

今回はラグビーと人気コミック「キングダム」について。どちらも、ビジネスシーンを例える時によく使われるテーマです。「キングダム」は春秋戦国時代の話。まだ若い時の秦の始皇帝が天下統一をしていくストーリーです。

キングダムを読み直していたこのタイミングで、改めてラグビーの話をお聴きする打ち合わせがあり、何か共通するものがあるように感じました。放送ではその「共通するもの」を伝えられるように感じた次第です。

「今いる人でやるしかない」というのがラグビーの15名も、中華の戦場でも、ビジネスでも、同じだなと感じたことです。

何事も肚に落として、それからが勝負。

次回の放送でお会いしましょう。

MOTHER SHIP
飯野泰弘

p.s.「キングダム」おすすめです。https://kingdom-anime.com/